コラム

仮想通貨メディアの光と闇(FcoinJP×COINOTAKU編)

先日、FcoinJPとCOINOTAKU(コインオタク)さんに対して、なにげなく呟いたこのツイートになかなかの反響があったので、

経緯からことの顛末までをまとめてみました。

なんでこんなツイートしたの?

始まりはインフルエンサーズナイト

先日Coinotakuさんの仕切りでインフルエンサーズナイトなるイベントが開催されたらしく、Twitterで上げられていた画像に元情報商材屋さんが何人かいたため、

「ちょっと怖いな」という印象でした。

ただ、私は情報商材屋=詐欺師とは思っておらず(そもそも情報商材を買わないから騙されたことがない)皆さんがよく参加されているオンラインサロンなども情報商材の一種だという認識を持っています。

金融庁無認可の海外取引所

さらにインフルエンサーズナイトのツイートで
FcoinJPという明らかに日本人を対象とした、金融庁無認可の海外取引所ができるということを知りました。

こちらも、私は「バイナンスみんな使ってるじゃん」程度の倫理観しか持ち合わせていないため、
ユーザー セーフ
アフィリエイター セーフ
取引所 アウト

くらいの認識でした。

ただ金融庁が日本人対象の海外取引所はNGと明確に言っているのに、
「良くやるなぁ」程度の感想しかありませんでした。

LINEグループからの情報共有

私はスキャム情報共有LINEグループ(500名弱所属)に入っており、
そこのリーダー的な方が軽い注意喚起の意味合いで一枚の画像を上げました。

クリックで拡大

【今がチャンス!】だと?

ちょっと雲行きが怪しくなってきました。
人によっては「チャンスなの?」と飛びつくかもしれません。

ちなみにこちらの画像がLINE@から配信された時間のチャートです

クリックで拡大

【今がチャンス!】に見えますか?僕にはイナゴタワーが崩れてる真っ最中に見えます。

そのため「そんなこと言っていいの?一体どんな記事書いてるんだろう」と軽い気持ちでサイトをのぞくと・・・

コインオタクの記事の内容は?

記事タイトル:
今なら儲かる取引マイニングに参加しよう


本文:
Fcoinが配当を大量に分配し始めると、ユーザーが熱狂的になることは想像に難くありません。
FcoinJPの今後の可能性は無限大だと考えています。

日本人のFcoinJPの使用ができなくなる可能性もあることは理解したうえで使用しましょう。
ハッキングなどが起こりえないとは言い切れません。

https://coin-otaku.com/topic/27152より引用

 

さらに、このタイミングでFcoinJPからは出金ができないにもかかわらず、出金方法の欄は「現在執筆中」と書かれていました。(現在は出金できます)

モッチー
モッチー
こっわ!これ絶対ダメでしょ

何がダメなの?

「今なら儲かる」って儲からなかったらどうするのか。
詐欺にならないのでしょうか。

また、最悪のケースを想像すると、

大量のユーザーが参加して資金流入

FJ大暴落orFcoinJPがハッキングor金融庁指導で日本人の資産凍結

と、なったら
「コインオタク知ったんじゃねぇのか!!」
って矛先が向かいます。

例えば新聞で株価〇〇%上昇と書いてあって、
「儲かるんじゃないの」と良く調べもせず株のトレードをはじめて損をしても自己責任です。

ただ、このリスクの説明は、
コインオタクさんからの注意喚起ではなく、保身のように感じ、逆効果なんじゃないかと思いました。

それほど中立性のないタイトルでした。

コインオタク伊藤さんの対応について

私がツイートしてから数時間後、コインオタク伊藤さんから下記の連絡がありました。
・タイトルの変更
・出金方法の明記
・出金出来ない銘柄についてFcoinJPに問い合わせをした

タイトルは、
今なら儲かる→今がチャンス に変更
グレーですね(笑)

ただ問い合わせ対応などは普通のメディアが出来る以上のことをしてくれたと思っています。
さすがFcoinJPのメディアパートナーですね。

定期的に記事を見てみると、他にもユーザーが気になったことを、FcoinJP本部に確認してくれています。

それは当たり前じゃない

「メディアパートナーだから確認するの当たり前だろ」と思う方がいるかもしれませんが、
彼らはあくまでメディアです。

そこは当たり前と考えるのではなく、コインオタクさんの誠実さを感じても良いのではないでしょうか。

商売をしてるから信用できないわけではない

どんなに中立的に記事を書くメディアでも商売です。
そのため「商売している=悪(信用できない)」ではありません。

たまに完全ボランティアで中立的な記事を書いている方もいますが、
そういった場合、長続きしないことが多いです。

長い間、良い情報をユーザーに届けるには何かしらの商売は必須だと思ってます。

煽りが悪いのか

これを言うと叩かれそうですが
「いくで。やるで。リップル買い増しや」

なども、私から見ると十分な煽りに感じます。

何かが流行ったり盛り上がったりするにはある程度のきっかけは必要だし
自分が持ってる仮想通貨が「もっと盛り上がれ」って思いませんか?

じゃあ何が悪いんだよ

事実と異なることを言ってユーザーを煽るのは悪

「今なら儲かる」というのは不確かです。
それでユーザー登録させて。というのは不誠実以外のなにものでもありません。

「叩き」という煽り

根拠が不確かなのに「他の人が叩いてるから」って理由で便乗したことはありませんか?それは「叩き」という名の煽りかもしれません。叩きツイートに便乗する前に一度自分自身で情報を確かめてみてはいかがでしょうか。
あなたの「叩き」という名の煽りで無実の人が損をしているかもしれません。少なくとも確かなソースが無く叩いているのであればコインオタクを責める資格はありません。

大多数のメディアは表現方法と戦っている

メディアとはこの場合、仮想通貨系の記事を書く企業サイトだったり個人ブロガーやインフルエンサーを指していますが、
皆さん文章の書き方に相当気をつけています。

しかも仮想通貨界隈はスキャマーが相当多いです。
おそらく皆さんが感じているであろう10倍以上多いです。

そんな中に囲まれて正しい情報を伝えようとしてるのがほとんどのメディアなんですね。

モッチー
モッチー
カンファレンスなんかで知り合いが増えると
高確率で投資商品を拡散してくれ・買ってくれって言われるよ。

読む人はどうすればいいの?

「投資は自己責任」という言葉をメディアが悪用しているふうに言われる方がいますが、それは違います。

この記事読んで投資した結果、損してもお前のせいだぞ
ではなく、

投資する前に、たくさん調べて勉強しようね
これが正解なのではないでしょうか。

モッチー
モッチー
ワイは仮想通貨を知ってから初めて買うまで3か月勉強したで!

何を調べていいかわからないという人は

私は暗号通貨革命家さんのLINE@を推します。
中級者~上級者はメルマガ感覚で色々なニュースがわかりやすく追えますし、
初心者目線だと、このLINE@で何かを買い煽るということは決してなく、怪しい情報の注意喚起もしてくれるので安心です。

さいごに

煽られても動かないくらい自分で調べよう

私は、人にどんなにこの銘柄がすばらしいと言われても、飲み会でリップラーに3時間リップル(XRP)について語られても一切心動きません。
なぜかというと自分自身調べた結果、リップルという通貨に魅力を感じなかったからです。(リップラーごめん)
実用化されていないのに価格が上がったり(マーケティングがうまいとも言う)とか、時価総額がすでに高いので価格的な伸びしろを感じないとか理由は様々です。

それで機会を逃してリップルの価格が上がっても後悔しません。そりゃあマークしてない銘柄で高騰するものもあるでしょう。
自分で調べて、自分で決めれば後悔しないんです。

逆に、煽られて投資して仮に儲かってもツイてただけです。それはギャンブルと同じではないでしょうか。

「コインオタクの記事に儲かるって書いてあった」っていうだけでは調べた内に入りません。情報が不十分・リソースが不確かなら、乗っかってはいけないのです。

さいごに、僕の気持ちを代弁したようなツイートを

QUOINEX